こんな時だからこそ癒やされる石けんを

ここ岡山県の県北、真庭市にある工房では、日々石けんの製造や発送作業をしています。
先週はピュアベビー石けんの真空包装作業や、ラベンダー石けんの成形作業でした。

削った石けんのひとひらが、ラベンダー色の花弁のよう。
「削った石けんまで美しい〜!」と
作業中のスタッフのnagisaちゃんが感嘆の声をあげる。

彼女曰く、MATSURIKAの工房で美しい石けんに触れていると、仕事に来る前よりも帰った後の方が元気になれるとのこと。

そう、美しいものって元気になれる。

私たちも日々、家のことや子どものこと、名もなき雑務に追われて、何もかもが嫌になってしまう時もあるけれど、こうしてラベンダーの甘くやさしい香りに包まれて、透きとおるように美しい石けんに触れていると心が元気になってくるのです。

多分、MATSURIKAの石けんが美しいのは、オーガニックやフェアトレードだったり湧き水など、
素材から美しいものでできているから。

極力熱を加えないコールドプロセスの石けんは、素材の良さがそのまま石けんの中に生きている。

桜を眺めて人が元気になるように、石けんにも人を癒したり元気にしたりする力があると思うのです。

最近の人気の石けんは、ラベンダーとクロモジです。
どちらも心が疲れた人が求める癒やしの香り。

ご自宅用石けん3個までならポスト投函のネコポス便でお送りしているので、2〜3個ずつ注文されるお客様が多いです。
オンラインショップでご注文の商品や量により送料が自動計算され、385円の場合はネコポス便でお送りしています。)

洗浄力が強すぎるハンドソープや石けんを使いすぎて手がカサカサになってりしてしまうと、手だけでなく心の潤いまで奪われていくような感覚になるのですが、MATSURIKAの石けんは「与える石けん」です。

余計な汚れをやさしい泡で包み込んで洗い流し、香りによるリラックスと上質なオイルから肌と心に潤いを与えてくれる。
見えないウイルスが拡がっていく、こんな不安な時だからこそ、癒やされる石けんをお使いになってホッと一息ついていただけたらと思うのです。

手洗いに、洗顔やメイク落としに、洗髪やボディに、シンプルに1個で洗い清めるMATSURIKA SAVON
ラベンダー石けん10gをご注文者様全員に無料プレゼントしているキャンペーンですが、ご好評につき、4月中もプレゼント期間を延長したいと思います。

ラベンダーの名称はもともと「洗う」という意味のラテン語「lavo」 や「lavare」が語源と言われています。
古代ローマの人達はラベンダーを洗濯に用いたり、浴用の香りとして傷口を洗ったり疲労や硬直した関節を和らげるために利用していたそうです。

こうした古きから言い伝えられる効能は、今、緊張や不安だったり体がこわばっている方にとてもいいと思うのです。

恐怖や不安でゴシゴシ洗うのではなく、香りに包まれてやさしい気持ちで洗い清めてもらえますように。
私たちもそんな祈りを込めて日々石けんを作っていきたいと思います。

Share this
  • follow us in feedly

薬用ハンドソープは必要?肌の健康から考えた石けん選び

バーチャルな世界と手に触れ香るものづくり

関連記事

  1. ローズ石けん開発秘話②〜「さ姫」の香りを求めて〜

    前回の記事(→☆)で投稿した、奥出雲薔薇園への訪問後は、しばらくはずっと頭の中での構想の日々でした。…

  2. 工房進捗〜外壁と内装のこと〜

    MATSURIKA SAVON Labo(工房)の工事は日に日に速いペースで進んでいます。先…

  3. 岡山高島屋での販売開始とトライアルサイズ石けん

    遅ればせながらご報告です。5月末より、新たな取り扱い店として岡山タカシマヤ6Fリビングフロアにて…

  4. 西日本豪雨とラベンダー摘み

    天上にあるすべての水をひっくり返したような西日本豪雨から1週間以上が経ちました。今回、各地域…

  5. バーチャルな世界と手に触れ香るものづくり

    薫風の勝山。ここ数ヶ月のコロナ騒動が嘘みたいに、新緑は美しく、澄みわたった空気と小鳥のさえずりが…

  6. 薬用ハンドソープは必要?肌の健康から考えた石けん選び

    最近、新型コロナウイルスの関係で「石けんによる手洗い」がマスクより感染予防に有効でその重…

  7. 本と石けんと私〜言葉のピースを探して〜

    いつも石けんのことを中心に書いているブログですが、先日スタッフの子に「彩子さんって本が好きだから…

  8. 石けん作りは化学とアート

    立冬を過ぎ、山が紅葉で彩られ、空気が澄みわたる11月は大好きな季節です。工房の前の道を上…

PAGE TOP