石けんひとつだけのシンプルスキンケア

今日は、奥出雲ローズ石けん(トライアルサイズ)の切り出し作業でした。

他の石けんもとても癒やされる香りなのですが、特にローズの石けんを作るようになってから、私たちはアロマテラピーの効果をはっきりと実感しています。

うっとり、「多幸感」っていうのでしょうか、作業しながら「はぁ・・・」と心が満たされ、ウキウキするのです。
使用しているローズやゼラニウムの香りはアロマテラピーで女性ホルモンにも嬉しい効用があるようで、
「ローズで美魔女を目指そう!」
なんて冗談言いながら製造担当のmiyukiちゃんと楽しく作業している今日この頃です。

さて、今日はせっけんひとつだけのシンプルスキンケアについてのお話。

化粧品グレードの石けんを製造してるのに、基本、私って肌ケアに関してはかなりズボラな人間です。
集中する時は寝食忘れるほど没頭して、仕事をバリバリした後は、しばしの間ぐうたら人間になります。

「もう疲れたからメイク落とすのもめんどくさーい。」
「洗顔後にあれこれつけるのがめんどくさーい」
と忙しい時ほど自分のことはおざなりにしてしまうこともしばしば。

そんなズボラな私が作る石けんは、二度洗いでメイクも落とせる洗浄力や、その後あれこれケアしなくても肌の状態が良くなる石けんを目指しました。

石けん作りの本や講習会もパームオイルを使用するレシピばかりだったので、パームオイル不使用で、使用感の良い石けんを作ることは容易ではありませんでした。(パームオイルを使用しない理由はこちら→☆
オイル配合を1%ずつ変えて試作していく等、その頃の経験が今のMATSURIKAの石けんのベースになっています。

市販の無添加石けんで様々なメーカーのものを使ってみて感じたこと。

①洗浄力がありすぎて肌がつっぱる
②保湿力はあるけどヌルヌルして泡立ちが悪い
③肌にやさしいけど洗浄力が弱くてメイクの落ちが悪い
④無臭か茶色いオリーブ石けんのように粘土臭のような酸化した匂いがする
⑤可もなく不可もないが、使う時にトキメキがない

手作り石けんの本格的な製品化に当たって、上記の①〜③に関してはオイル配合をそれぞれの肌質に合わせて変えることでクリアしました。
(④、⑤の香りや、見た目の美しさについては別記事で書きたいと思います)

もともと人の肌の状態は千差万別。
オイリー肌の人もいれば乾燥肌、混合肌、毛穴やくすみが気になる人などなど。
皮脂の脂肪酸の状態も違うので、上記のような理由で
「Aさんの肌には合うものがBさんには合わない」
ということはよく聞く話です。

肌トラブルは、基本的生活習慣と食べもの、ストレス、そうした要因が皮膚にあるオレイン酸やパルミトレイン酸など皮膚に存在する脂肪酸や常在菌のバランスを崩して引き起こされることが多いのです。

そして、パルミトレイン酸のように年齢ごとに減少していく皮脂の脂肪酸もあります。
それらを上質なオーガニックの植物油から自然な形で補いつつも、肌本来の恒常性を保つように配合を工夫していきました。

例えば、吹き出物が出やすいオイリー肌の人にオレイン酸たっぷりのオリーブ石けんを使っても、肌に常在するアクネ菌のエサになり余計にニキビなどの肌トラブルが起きやすくなります。
逆に乾燥肌の人は、不足しがちな皮脂にオレイン酸を補う形の石けんがいいでしょう。

そして、これからの地球環境やお肌への優しさを考えて、植物原材料の80%以上をオーガニックもしくは野生種にこだわっているMATSURIKA SAVONの石けんですが、私たちはただのオーガニックソープを作りたかったわけじゃないのです。

オーガニックでありながら使用感も、市販の発泡剤や保湿剤などの添加物を入れた石けんに負けない、いやそれ以上の使用感でせっけんひとつでスキンケアが出来るソープにしたかったのです。

そうして生まれたMATSURIKA SAVONは、それぞれの石けんの種類ごとに5〜7種類ものオイル配合を少しずつ変えており、様々な肌質や年齢に応じたお肌にぴったりの石けんが見つかるようにと考えています。

しっとりタイプのヤマブドウ、奥出雲ローズ、酒かす 椿
ふつうタイプのクロモジ、ピュアベビー
さっぱりタイプのラベンダー、ひのき 麻炭


初めての方は、小さなお試しサイズで試せる初回送料無料のトライアルセット→☆が人気です。

使用したお客様から、使用後に肌の状態が良くなるので化粧水をつけるのを忘れますと言われたり、
メイクも二度洗いで落ちるので、
「メイク落としや美容液など今まで使っていたアイテムを減らしてシンプルで経済的です。」
と言われるくらい、シンプルケアできるMATSURIKA SAVONのオーガニックソープ。

もちろんお気に入りの美容液やオイルがあったら使用してもいいのです。
植物を触って気にかけてあげるとイキイキするように、お肌をいたわることはとても大事です。

スキンケア用品を他に使用するとしたら、できるだけパラベンなどの防腐剤や界面活性剤などを使用していないものをおすすめします。

ただ時には、お休みの日などにメイクもしないで、シンプルにせっけん1つで肌断食してみるのも、忘れかけていたお肌の恒常性を取り戻せるかもしれません。
ズボラで楽ちんなシンプルケア、一度トライしてみてはいかがでしょうか?

<お知らせ>
12/1〜12/25まで、クリスマスギフトとして、ひるぜんの石けんミニ3種セットを箱へのリボンかけとギフトバッグを無料サービスいたします。
会員様はログインしますと更にお得な価格になりますので、大切な方へのプレゼントにぜひご利用くださいね。


MATSURIKA SAVONのウェブショップはこちら→☆

Share this
  • follow us in feedly

明日11月23日と12月の工房オープンDayのお知らせ

石けん工房という名の保健室

関連記事

  1. 石けん続々試作中

    販売に向けて、製造担当のmiyukiちゃんと一緒に続々石けん試作中です。石けんを作るとき、ぐ…

  2. 石けんにパームオイルを使わない理由

    先日、今シーズン初の蒜山のラベンダーを漬けこんだオイルで作った石けんができあがりました。夏場に作…

  3. 新登場!ぶなの石けんキャリアケース

    こだわりの強い私には「好きなモノ」がいっぱいある。例えば、毎日美味しいご飯を炊いてくれるsi…

  4. 石けん作りは化学とアート

    立冬を過ぎ、山が紅葉で彩られ、空気が澄みわたる11月は大好きな季節です。工房の前の道を上…

  5. ヤマブドウ石けん〜洗顔しながらエイジングケア〜

    石けんの販売開始からバタバタしていたらあっという間に桜の季節を通りすぎてしまいました。ここ岡山県…

  6. 隠れた人気商品 キビソ肌友だち

    たまには石けん以外のこだわりグッズを、ということで今回は、当店のウエブショップの隠れた人気商品でMA…

  7. 森の香りと角質ケア〜ひのき 麻炭せっけんができるまで〜

    こんにちは。暑い夏が終わって気がついたらもう秋分ですね。工房のある勝山周辺は彼岸花が咲き、朝…

  8. お気に入りの木製石けんケース

    岡山県の県北、真庭市に移住してからの楽しみは地元の温泉に行くこと。月に何回かは車で20分位の距離…

PAGE TOP