隠れた人気商品 キビソ肌友だち

たまには石けん以外のこだわりグッズを、ということで今回は、当店のウエブショップの隠れた人気商品でMATSURIKA SAVONのソープと相性抜群の浴用タオル「キビソ肌友だち」についてご紹介します。

私はもともと前職が養護教諭のため、こうした体ケアグッズには人一倍こだわりがあります。
(何でも人一倍こだわるタチなのですが・・・笑)
以前も児童のお母さん向けに開催する育児教室などで、アトピーのお子さんのお肌に使用する石けんや浴用タオルについて
「何を使ったらいいですか?」という質問はよくありました。

表皮の厚さは大人で平均0.2mm、赤ちゃんは大人の半分の0.1mmしかありません。
その薄い表皮が、水分の保持や外部からの異物や感染などから体を守るバリアの役目を担っています。
ゴシゴシと洗いすぎで、皮脂や角質が過度に取り除かれてしまうと、乾燥して更に肌のバリア機能が弱くり、そこから雑菌やアレルゲンなどが侵入し痒みも出やすくなります。
(アトピーなどの痒みは表皮だけの問題でなく体質や環境要因、食べものも大きく関係しています)

清潔好きな日本人はもともと肌を洗いすぎる傾向がありますが、ナイロンタオルでゴシゴシというのはあまりお勧めできません。

アトピーや敏感肌など肌の弱い方は泡立てネット→☆を使用し、たっぷりの泡で撫でるように肌を洗うのも十分かと思います。
(MATSURIKAの石けんは洗浄力にもこだわっているので、メイクもナチュラルメイクであれば2度洗いで充分落ちます。)

でも体は石けんの泡と手だけで洗うのはちょっと物足りなかったりもするんですよね。
そんな時おすすめの浴用タオルの 「キビソ肌友だち」 です。
こんな小さな一見ゴワゴワした布きれ?
原材料は絹100%ですが、ただのシルクではないのです。

もともとのキビソとの出会いは今を遡ること数年前。

知り合いから石けんのお礼にと貰ったキビソ。
その使い心地の良さに驚き、その後、家族旅行で島根県を訪れた際に、偶然キビソを取り扱っているお店と出会い
「ずっと探していたものがあった!」と感激。
その時に島根県浜田市というところでキビソが作られていることを知ったのです。

「キビソ」は、蚕が一番元気な最初に吐き出す糸で、繭の最も外側で外敵や環境の変化から蚕を守る重要な役割を担うパワーのある糸です。

ひとつの繭からたった4%しかとれない糸で、保湿性に優れ肌がしっとりする「セリシン」という人間の肌に含まれる成分に極めて近いタンパク質をとても多く含んでいます。

この絹糸を織った「キビソ肌友だち」は、いわゆる肌擦りのタオルとしてではなく、毎日のお風呂タイムを利用して「セリシン」をお肌に供給してスキンケアを無理なく続けていくために作られたタオルなのです。

もともと、ズボラな私は入浴後の肌ケアが面倒だったりするので、石けんだけで肌が潤うMATSURIKAの石けんとセリシンを供給するキビソは、ズボラでありながらお肌しっとりツルツルの最強コンビなのです(笑)

お湯で濡らしたキビソに石けんをつけて泡立てるとモコモコと豊かできめ細やかな泡立ち。
石けんのアルカリと反応してセリシンが溶け出し、ぬめりも出てきます。
溶け出したセリシンのぬめりと、石けんの上質なオイルとが合わさり、まるで美容液で体を洗うような感覚です。

最初は硬いキビソが使うごとに、どんどん軟らかく肌馴染みがよくなってくるので、とにかく洗っていて気持ちがいい〜!

かかとやひじなど角質の硬い部分にはしっかり洗って、顔もやさしく泡で撫でるように洗うと、古くなった角質が取り除かれて肌のターンオーバーを促します。
肌質は個人差がありますので、洗う時の力加減はご自分のお肌と相談しながら使ってみてくださいね。

洗い上がりは古い角質や汚れをしっかり落としながらもしっとり、うるすべ肌。
セリシンの効果を感じられるのは使用して3ヶ月ほどですが、セリシンのぬめりがなくなってもシルクの浴用タオルは肌なじみが良く本当に気持ちがいいものです。

先日も、キビソをご購入いただいたお客様より
「すごく気持ちが良くて、もう普通の浴用タオルには戻れません」
と嬉しいメッセージをいただきました。

実はこのキビソ、NHKの朝イチなどのTV番組に何度も取り上げられているので、製造元でも頻繁に売り切れてしまう大人気アイテム。

先日、MATSURIKAの石けんがanan No2121号で欅坂46の守屋茜さんのお気に入り美容アイテムとして紹介していただきましたが→☆、こちらのキビソも11月14日発売のananの特集「カラダに良いもの大賞」で紹介されるとのことです。

こんな大人気商品のキビソですが、お世話になっている製造元のやさか村ワタブンアートファブリックの河野社長の厚意により、MATSURIKA SAVONのウェブショップでは在庫は今のところ充分にありますので、石けんと一緒にぜひ一度お試しになってみてくださいね。
(とても人気商品で品切れになることもありますので、MATSURIKA SAVONウエブショップと工房直売のみのお取り扱いになります。)

当店のキビソの販売サイトはこちら→☆

 

Share this
  • follow us in feedly

石けん工房の仕事と起業女子応援caféのお知らせ

11月23日(金・祝)工房オープンDayです!

関連記事

  1. アロマ講座と虹

    先日お知らせした2回に渡った津山でのアロマ講座、無事に終了しました。1回目はアロマクリーム作りで…

  2. ローズ石けん開発秘話①〜奥出雲薔薇園を訪ねて〜

    お盆を過ぎて、急に秋の風が吹き涼しくなりました。今日は今開発中のローズの石けんについて書きた…

  3. 石けん製造開始と発表会準備

    いよいよ今月末に、少しずつですが石けんの発売を開始していきたいと思っています。もともと2月中…

  4. 高価な理由「石けんではないのです」

    こんにちは。MATSURIKA SAVON(マツリカサボン)の店主の山形 彩子です。お陰…

  5. 箱あり・箱なしの石けんを出す理由

    先日、パッケージ会社さんから新しい箱がようやく届きました。キリリと美しい試作中の石けんと共にチラ…

  6. ローズ石けん開発秘話②〜「さ姫」の香りを求めて〜

    前回の記事(→☆)で投稿した、奥出雲薔薇園への訪問後は、しばらくはずっと頭の中での構想の日々でした。…

  7. 自然歯科への通院と深い気づき

    最近は工房や石けんのことばかりのブログだったので、今回はプライベートのことを書きたいと思います。…

  8. 蒜山ラベンダー摘み

    梅雨の合間の7月の爽やかな風が吹く日。蒜山ハーブガーデンハービルさんへ、MATSURIKAのスタ…

PAGE TOP