高価な理由「石けんではないのです」

こんにちは。
MATSURIKA SAVON(マツリカサボン)の店主の山形 彩子です。

お陰様でようやく製造・販売のシステムが整ってきました。
1日に何件もご注文をいただくこともあるのですが、今のところスムーズに梱包作業が進んでおり、ご注文の当日か翌日には発送できています。
ありがたいことに贈答用にもお選びいただいています。
白い箱にサテンのリボンは本当に可愛いです。

そして、最近、MATSURIKAの石けんについて、いろいろなご意見をいただきます。

「オーガニックでいいものみたいだけど高いよね〜。」
「買おうと思ったけれど、石けんにしては高いわよね」
と言われることが多々あります。

「高い」・・・そうなのです。
普通の「石けん」の概念からしたら確かに高いのです。
製造と販売体制が整うまで本当にバタバタだったので、今まで良さをきちんと伝えきれていなくてごめんなさい。

MATSURIKAの石けんは、いわいる皆さんがご想像している「石けん」とはまったく違います。

石けんって、よく汚れを落とすものとされていると思うのです。
洗浄力の強すぎる石けんの多くは、肌の油分まで落としてしまうので、肌が乾燥したり、つっぱってしまう。
だから後で、高価な美容液やクリームを塗らなくてはならないのです。

MATSURIKAの石けんは、いわば
「石けんの形をした美容液」です。
だから美容液やクリームがいらなくなっていきます。

嘘ー!?
って言われるのですが、本当なのです。
肌ケアに関して超ズボラな私は長年、この石けんのみで肌はしっとり、化粧水も忘れて寝てしまうこともよくあります。
体ももちろんこの石けんで洗うので、入浴後のボディオイルやボディクリームがなくてもツルツルです。
子育てや仕事で忙しい人ほど1個でうるおう、この石けんが助けになるかと思います。

なぜ「石けん」でこんなに使用感がいいのか?
実は美容液のような原材料で作っているからこそです。

例えば、最近Webショップで販売スタートしたMATSURIKAの無香料の「ピュアベビー石けん」の原材料のオイルを見てみましょう。

よく市販の石けんにある「原材料:石けん素地」という、原材料に何が使われているのかよく分からないものは使わず、MATSURIKAの石けんは原材料は油問屋さんより新鮮なオイルを仕入れて、植物原材料の80%以上をオーガニック認証または野生種のものを使用しています。

ピュアベビー石けん原材料オイル

オリーブオイル(エコサート/オーガニック)
ココナッツオイル(USDAオーガニック)
米ぬかオイル(ヘキサン抽出ではない希少な圧搾法のもの)
シアバター(USDAオーガニック)
カカオバター(USDAオーガニック)
ひまし油(USDAオーガニック)
ホホバオイル(USDAオーガニック)

いかがです?
美容に敏感な方はご存知のオイルばかりかと思います。
オーガニック認証のオリーブオイル、ホホバオイルやひまし油、どれも高級美容オイルとして瓶に入って3,980円とか5,980円とかするオイルです。
比較的安価なココナッツオイルであってもオーガニック認証の化粧品専用のオイルを仕入れています。
シアバターは、クリーム容器の大きさにより、2,000円台とか大きいものだと5,000円以上と、非常に高価ですよね。

ピュアベビー石けんにも使われているオーガニックホホバオイル(成分分析もきちんとされています)。
ホホバは小瓶でも高いのに、このオイルの素晴らしさに惚れ込んで、どーんと一斗缶で買ってしまいました。(請求が怖い・・・)

肌なじみが良くベタつかない。そしていつの間にかすうっと肌に吸収されてしっとり感が残る素晴らしいオイル。

これらの素晴らしいオーガニックの原材料を使っているピュアベビーソープが、会員ログインした会員特別価格だと箱なしで1,490円(税込)とびっくりの価格です。

さらにベビー石けん以外のラインナップは、非常に高価で上質な香りの100%ピュアな精油(エッセンシャルオイル)を1ロットにつき数十ml〜百mlと使用しているので、どうしても価格が高価になってしまいます。
(ちなみクロモジ精油はラベンダーの精油の10倍くらいの価格です。クロモジ石けんが高価になる故です。)

もちろん環境やお肌にも優しくない超安価なパームオイルは一切不使用です。
他社の石けんの多くに使われているパームオイルを使用したら原価をもっとずっと下げられるのですが、ここはMATSURIKAのポリシーとして譲れません。
パームオイルを使用しない理由についてはこちら(→☆

おそらく、ここまで贅沢な原材料で作っている石けんって他を探してもなかなか見当たらないと思います。

そこまで石けんに贅沢しなくても・・・って思う方もいらっしゃるかと思います。
しかしながら、MATSURIKAの石けんはその上質なオイルの油の温度を上げずに良い成分をそのまま残す「コールドプロセス製法」に加えて水分を保持した特殊な製法で手作りしている「生石けん」ですので、以下の特徴があるのです。

①肌あたりがやわらかいのに汚れ落ちが良い=二度洗いで落ちるのでメイク落としがいらなくなる

②洗い上がりがしっとりするので、高級洗顔フォームが必要なくなる

③石けんの脂肪酸成分が、肌の皮脂分泌を妨げずに足りない部分を補うので入浴後は化粧水だけでしっとり(美容液やクリームを減らせる)

④石けんをシャンプーや全身にも使える=余計なボトル類を減らせてバスルームがすっきり

自分で開発しておいて何ですが、ここまで来るともはや「石けん」ではないです(笑)
だから「石けんの形をした美容液」なのです。

「石けん」と名前がつくと安いものなのに、同じ顔を洗うのに洗顔フォームだと高いものという認識。
そして、美容オイルやクリームは高くて当然という認識がありますが、実は美容オイル、クリーム、石けんなんて、どれも主原料はオイルなのに
「洗うため」が目的の石けんは安くなくてはいけないと思われています。

したがって安くするためパーム油使用の石鹸素地を使用したり、泡立ちを良くするために加えられた添加物や合成界面活性剤、合成香料などなど、果たして人や環境に優しい石けんなのでしょうか?
合成界面活性剤は肌のバリアを壊し、合成香料は近年「香害」と言われ、化学物質過敏症の原因のひとつとなっています。
どの石けんも肌に合わないとアトピーで石けんジプシーしている人が多いのはそんな理由からです。

でも、「二度洗いすればメイク落としいらないですから」とお話ししても、なかなか信じてもらえないのです。
石けんだけで2度洗いだけでは、やっぱり心配でメイク落としを使用して、乳液や美容液とクリームまでコンプリートしないと落ち着かない方が多数・・・。

でも、それって固定観念ですから!

この世に溢れているありとあらゆるものが、メディアを通じて収益を上げるために○○用と銘打って多種多様な商品展開をしているところがいけないと私は思うのです。

例えば、お風呂用洗剤、トイレ用洗剤、台所用洗剤とか・・・我が家は液体石けん1種類でボトルを変えて問題なく使っています。
フェイシャルソープ、ハンドソープ、ボディソープ、シャンプーとか・・・体は皮膚一枚でつながっているのに・・・・。
そうして意外と○○用とたくさん種類の化粧品や洗剤にお金を使っている方が多いと思います。

今、「肌断食」という言葉が流行っていますよね。

人の肌は、オレイン酸とかパルミトレイン酸など、様々な自分の皮膚に最適なクリームを皮脂として本来出す機能があるのです。

それなのに、洗浄力の強すぎる石けんやメイク落としなどで皮脂を過剰に奪って、カサカサになって肌がつっぱってしまったところに、合成回目活性剤入りの乳液やクリームをたっぷり塗ってしまったら、皮膚は当然ながら皮脂分泌をサボり始めます。
だからますます塗らなくてはいられなくなる悪循環です。

でもそのクリーム、その美容液、いくらしますか?
それなりにお高いと思います。
メイク落としだって拭き取りタイプだったり、高価なものけっこうありますよね?
上質なオイルで汚れを浮かせて落とす石けんがあれば、2度洗いの方が遥かに楽で経済的です。

(2度洗いは泡立ちが良くなり本来の石けんの良さが発揮できるので、皆さんにおすすめの洗い方です)

石けんというカテゴリーで見たら確かにMATSURIKAの石けんは高いと思います。
でも、一方で「メイク落としがいらなくなったから安いと感じる」と言っていただけたりもします。
目先の安いより、まずは本当に必要なものを見極める。
シンプルに上質なもの一点で、肌がご機嫌だったら私はそれを安いと思う。

また、目先の安いばかりを選ぶと、どこかが搾取されていたりする。
生産者さん、お客さま、スタッフ、会社、皆がwinwinになる、そんなもの作りをしていきたいと思うから、「高い」と言われても、私はその理由をこれからも伝え続けていきたいと思う。

先日MATSURIKAのヤマブドウ石けんを使っていただいたお二人の女性のご感想を掲載させていただきます。

//////////////////////////////////////////////
A様
せっけん早速使いました。
朝洗顔し、化粧水だけでもしっとり・・・
今回をきっかけに肌断食しようと思います。
やはり良いもの、こだわっているものは込められた愛情が伝わるんですね!!

B様
主に夜の洗顔に毎日使っています。1週間ほどになりますが肌トラブルもなくとても良い感じです。
2度洗いでメイクが落ちて、しかも今まで使っていた酵素系洗顔料にひけをとらないつるっつるの洗い心地で驚きました。
//////////////////////////////////////////////

こんな風に、お客様にMATSURIKAの石けんの良さを分かっていただけると、アトピーの生徒の相談を受けたのをきっかけに、長年オイル配合を研究し製品化して本当に良かったと心から思えるのです。


もちろん、石けんだけでなく皮脂の分泌や肌や髪質、血色の良さにもつながる食生活や睡眠も大事なのですが、それはおいおい書いていきますね。

ここまでお読みいただいて、MATSURIKAの石けんを高いと思うか、安いと思うかはあなた次第。
まずは1個の石けんから「肌断食」はじめてみませんか?

 

Share this
  • follow us in feedly

仕事と子どもと過ごす時間

西日本豪雨とラベンダー摘み

関連記事

  1. 新商品発表会と祝う会を終えて

    2018年3月13日、MATSURIKAの記者発表会と真庭の石けん誕生を祝う会、そして工房見学会を行…

  2. 芳醇な香りと極上の保湿力〜酒かす 椿せっけんができるまで〜

    こんにちは。台風が心配な週末ですね。各地で被害が大きくならないことを祈るばかりです。…

  3. 石けん製造開始と発表会準備

    いよいよ今月末に、少しずつですが石けんの発売を開始していきたいと思っています。もともと2月中…

  4. 石けん作りへの思い

    なぜ石けん作りを始めたのか。以前、学校の保健室で働いていたときに、アトピーの生徒や手荒れの生徒の…

  5. 石けん工房という名の保健室

    先日工房で行ったセミナー「起業女子応援Café」の様子を津山朝日新聞さんが、11月28日に一面に掲載…

  6. 敏感肌の人に使ってもらいたいクロモジ石けん

    朝晩の冷え込みが強まり、冷たく澄んだ空気を胸一杯に吸いこむ今日この頃。私が住む勝山では紅葉も…

  7. お気に入りの木製石けんケース

    岡山県の県北、真庭市に移住してからの楽しみは地元の温泉に行くこと。月に何回かは車で20分位の距離…

  8. 洗いすぎない石けん生活と肌ケア

    早朝の子どもが寝ている間に、石けんを切り分けたりラッピングする時間が好きです。石けん箱を出すと部…

PAGE TOP