新登場!ぶなの石けんキャリアケース

こだわりの強い私には「好きなモノ」がいっぱいある。

例えば、毎日美味しいご飯を炊いてくれるsilitのレモングリーンの圧力鍋だったり、刃が薄くて切れ味の良い有次の包丁だったり、やわらかい音を奏でるDENONのスピーカーだったり、ご飯が美味しく入れ子になる栗久の曲げわっぱ弁当箱だったり・・・美しさと機能性を兼ねそなえたものが、たまらなく好き。

こうしたいいモノは一見高くても本当に長もちする。
気に入らないものだったら、なしで過ごしてもいいやと思っているくらいなので、来客用のイスも足りない我が家。
でもお金を貯めて1点ずつ増やしていったお気に入りたちは、どれも10年選手のものばかり。

そんな私が10年近く愛用している、国産ぶなの石けんキャリアケース。

まだ東京に住んでいた頃、新宿の雑貨屋さんで、偶然見つけたものです。
その美しさとすべすべの手触り、きちんと水がきれて軽くて持ち運びしやすい機能性、すべてにおいて一目惚れして、以来ずっと愛用しています。

実は今回、石けんで起業するにあたり、ずっとこの石けんケースを扱いたいと思っていたのですが、なにせ製造メーカーも販売元も分からない。

地元の木工作家さんにも、このケースを持ち込んで同じように作ってほしいとお願いしたのですが、とても高い技術で作られていて機械も必要だから難しいと言われたりして、その後もずっと探していました。

そしてとうとう、見つけた石けんケースの販売元は東京都世田谷区の私が最初に勤めた職場のすぐ近くでびっくり。
ピンとくるものがあって、電話して先方の社長さんにこの石けんのケースに惚れ込んでずっと愛用している旨をお話ししたら、快くお取引していただけることになりもう感激。

それが、こちらの石けんケース。
まず丸みをおびたデザインとブナの木目が美しいのです。
溝と穴があるので石けんの水がしっかり切れます。
裏面に至るまで、きちんと四隅の高さを出してあって濡れる接地面が少なくなっています。

そして、すべすべにに磨き込まれた表面はずっと触っていたいくらいの手触りで、手にした人が思わず微笑んでしまうような気持ちよさ。

このケースにはMATSURIKA SAVONのレギュラーサイズの石けんがぴったりおさまります。
奥出雲ローズ石けんを入れると、見た目も美しく甘い香りが石けんケースに移りうっとり。

水にさえ気をつけて使えば、経年で割れやすくなるプラスチックの石けんケースよりも、ツヤが出てどんどん深みが増して長もちします。
こうして愛用してきた品をお取り扱いできること、本当に嬉しくてなりません。

お取り扱いの注意事項としては、
こちらの石けんケースに使われている、国産ぶなはとても丈夫な木で、水に強いようにウレタン加工もしてあるのですが、やはり木工製品。
使用後は濡れた浴室に置きっ放しにせず、きちんと乾いた場所に移して保管することをおすすめします。

そして、気をつけなければいけないのが濡れた石けんを入れたまま、逆さまにして放置しないこと。
フタの裏側に石けんがくっついて乾いてしまうと、なかなか剥がれなくて大変です。

そんな濡れた石けんを入れたキャリアケースとセットで使うと便利なのが、こちらのヒマラヤンネトルのトラベルポーチ→☆。

ネパールの漁師さんが漁網の材料として使っていた植物、ヒマラヤンネトルは水に強く、かびにくく乾きやすい素材です。
石けんケースを作っている同じ販売元の商品なのですが、これが、また使い勝手がいい!

たっぷり入るので、石けんケースの他に化粧水や浴用タオルのキビソなどのバスアイテムがこれひとつにおさまります。

温泉に行く時も、濡れたものを気にせず入れられて、取り出す時もビニールの袋に入れた時みたいにベタベタしない。
宿泊先のホテルの浴室などに石けんケースを入れたまま吊して乾かせるので本当に便利です。

先日の工房オープンDayでも、こちらの石けんケースとトラベルポーチが大人気でした。
林業関係にお勤めで木工に詳しいお客様が、素晴らしいケースだと絶賛してくださり、
「こんなに高い技術で作れる職人さんはなかなかいない。こんなに良い木工製品をこの値段で大丈夫ですか?」
と心配されるほど、職人さんの技が光る本当に良い品です。

私の長年使っている石けんケースは、もう10年ほど使っているので表面がツヤをおびてとても愛着があるのですが、ミニサイズはもう製造していないそうで、MATSURIKA SAVONのレギュラーソープの形にぴったりの、新しいケースをこれからは愛用していきたいと思います。

そして、WEBショップでもこちらの石けんケースが大人気です。

本日ご注文をいただいた、ご実家を送り先にして、娘さんがご自分用の石けんケースと、お母様への石けんとソープディッシュを詰め合わせにしたセット。
シルクの浴用タオルのキビソもリピート率の高い人気商品です。
「年末年始に帰省して家族みんなで使います!」という嬉しいメッセージもいただき、こうしたご家族が笑顔になれるお手伝いができることが私たちも幸せで、心を込めて梱包作業をさせていただきました。

ご友人への中身の石けんを選べるギフトセットやお年賀の贈りものとして、シンプルなラッピングも好評で、皆さん石けんケースとセットでご購入いただいています。

こちらのケースをご購入してくださったお客様から、さっそくレビューも届いています。

この石けんキャリアケースはとても凄いのです!
見た目美しく木製ならではの温もりと細部にまで水切れなどの工夫が施されていて、そしてとても軽いのです。ジム通いのお供に決定です。
素敵な商品をありがとうございます!

こうして、長年のお気に入りのケースをお客様が気に入ってくださると本当に嬉しい!
思えば、10年も前に、新宿の街で偶然出逢ったこの石けんケースは、私が将来石けんで起業するのを示唆していたような気がしてならない。

こうして繋がったご縁のありがたさをしみじみと感じています。

こちらの石けんケース、とても人気で一度は在庫切れになりそうになりましたが、追加で入荷しましたので、明日、27日の午後15時までのご注文でしたら年内発送が可能です。

ぜひ、帰省のお供に、ご家族で行く温泉に、こちらの石けんケースをお供に、上質な石けんライフをお楽しみくださいね。
→「石けんキャリアケースぶな」の商品購入ページはこちら→☆

Share this
  • follow us in feedly

塩釜の冷泉と蒜山耕藝くどへ

2019年 新年

関連記事

  1. 高価な理由「石けんではないのです」

    こんにちは。MATSURIKA SAVON(マツリカサボン)の店主の山形 彩子です。お陰…

  2. 化粧品製造販売業の許可取得とここまでの道のり

    先日、工房に県庁医薬安全課による監査が行われて数日、折りしも勝山に雪が降りしきる2月11日の建国記念…

  3. 石けん製造開始と発表会準備

    いよいよ今月末に、少しずつですが石けんの発売を開始していきたいと思っています。もともと2月中…

  4. 西日本豪雨とラベンダー摘み

    天上にあるすべての水をひっくり返したような西日本豪雨から1週間以上が経ちました。今回、各地域…

  5. 石けんのオリーブオイルへのこだわり

    先日は関東や北日本では大雪だったようですね。雪はきれいですが、都心で降ると大変ですよね。…

  6. 新商品発表会と祝う会を終えて

    2018年3月13日、MATSURIKAの記者発表会と真庭の石けん誕生を祝う会、そして工房見学会を行…

  7. 雪国から晴れの国へ〜初のイベント出店〜

    こんにちは。今月はずっとブログを更新できなくてごめんなさい。先日、岡山市の西川緑道公園筋のイ…

  8. 気づきの種をまく〜なぜパーム油不使用の石けんなのか〜

    先日のことなのですが、石けんをご注文いただいたお客様から「なぜパーム油不使用なのでしょうか?」…

PAGE TOP